CSMC

상단으로 이동

HJM国際病院は、"崇高な愛"を意味するマグノリア(木蓮)を抱いて

HJM際病院、(チョンピョン)最大のマグノリア地の建設を決定
2003年に韓初の際病院として開院したHJM際病院(旧清際病院)49()松林でマグノリア(木蓮)の植樹イベントを開催した


このイベントは、コロナ19の影響により、少ない人数の病院スタッフで開催された。的距離だけでなく、療機の重要性がさらに調されている時期でもある
このイベントを通じて、東西南北に4本のマグノリアの木を植え、5月までに計200本のマグノリアの木が植えられ、加平(カピョン)郡最大のマグノリア地が造成される予定だ。


花としてのマグノリアは"、崇高な愛"を意味する。 すでに国内外で(チョンシム)際病院として知られているこの病院は、HJM際病院と改名した裏話が多いという

まず、国内外の海外患者の誘致事業で大きな成果をめた。の優れた療技術を海外事業を通じて世界にめるため、HJM東洋医学のグローバル化に取り組んだ。 このプロジェクトでは、英語に病院名を更することで、世界進出に成功しているようだ

 グノリア植樹イベントを最初に提案した李宇(イ・ジンウ)HJM際病院院長は、"創始者の崇高な意志にって、HJM際病院に名えたが、この大きな(チョンピョン)地にはマグノリアはなかった"と話す。 “私は、マグノリアの花の意味にき、世界中の多くの患者様に真の愛の医術をえたいと思います。 当院を皮切りに、マグノリア植栽イベントをこの地域全体に大し、世界中の人のアトラクションを作っていきます"
昨年45日には、HJM際病院では一般の木とは違う、リンゴ、梨、ナツメ、アンズ、スモモなどの植樹イベントを開催した。