CSMC

상단으로 이동

HJマグノリア国際病院、国務総理賞受賞

HJマグノリア際病院、理賞受
初の際病院である,HJマグノリア際病院(李鎭宇病院長),20201014()、保健福祉部と保健産業振興院が主管する「Medical Korea 2020」で、「2020グロバルヘルスケア有功理賞」を受賞した
-エックス・インタコンチネンタルホテルの、ハモニボールルムで開催された今回の行事は、'メディカルコリア'国医療ブランド宣布式と、グロバルヘルスケア、有功褒賞の授賞式・広報大使の任命式にき、多な保健分野の門家たちが表するシンポジウムの順で開催された。今回の行事は、最近COVID-19防疫ルールの社的距離を置くにあたり、受賞者をはじめ50人未だけが出席した中で開かれた。2009年から韓国医療を報するため、メディカルコリアを、療代表ブランドに宣言して以、世界療産業の最新動向と展望を共有する、議であるメディカルコリア・学議が年開催されたが、今年はコロナ19況で開かれなかった
メディカル・コリアの趣旨を活かし、「コロナ19」以降、新たな時代に備えるため、療ブランドのアイデンティティーやスローガンを新たに見直すブランドの宣言式と共に、療の策を模索する術討論として行われた
今回、理賞を受賞した、HJマグノリア際病院(ジンウ 病院長)は、外人患者という念がなかった過去の2003年から、国内ではじめて光事業を始め、2011年には保健福祉部の表によれば、国内最の海外患者の誘致を達成した。 以降、劣な韓国医光産業のインフラ構築に向けた、多な政府機の諮問および究活動、特に家技術の際診療光コディネ資格の新設に向けて、政策審議と審査委員機として活動する、優秀な人材養成のための公的役割を果たした功と、HJ医学の世界化プロジェクト、海外療ボランティア活動などの成果が認められ、今回総理賞を受賞した

20201016111717.jpg