CSMC

상단으로 이동

統一医学センターのオープン

がんや難病治療への道、西洋治療と韓方治療の協力診療(協診)
初の際病院であるHJマグノリア際病院、 李(·ジンウ)病院長が癌や難病治療を門に担する、西洋治療と韓方治療の協診である「統一医学センタ(則久洋子センター長)を、新たにオプンした
HJ際病院は2003年、「西洋医学を中心とした難病の為の治療のメッカ」というスロガンをげて開院した病院だ。 際に18年が過ぎた今まで、ながん患者様及び難病の患者様のために、絶え間ない協診をけてきており、このような成果は年開催される「統一医学国際セミナ(17)と、議を通じて療界に知らせけてきた

今回、オープンした統一医学センタは、の愛と原理を基に、心と体を調和させる療、人類の健康を目標とし、その現に貢することを任務とする医学精神である。肉体的、精神的、的、社的に、全てに満たされた状態を定義した、世界保健機の宣言を超えて、人類と万物が共存することができる環境であり、幸せを共に成す調和と統一の医学である


生命の誕生から(他界)に移るまで、人間の生涯の健康に責任を持つことのできる医学であり、予防、治療、育、究、奉仕、新&新治療の開まで行い、統一医学を完成·確立する目的で設立されたセンタである


HJマグノリア際病院の李(イ・ジンウ)病院長は、「際、門家達は現代医学の限界について深く省察しており、これを克服するために多な補完代替医学究し、臨床に適用している」とし、「世界の療パラダイムは先進を中心に自然医学を組み合わせた、いわゆる『統合医学』、『統一医学』に治療方向をえている。 さらに、韓は韓医学という統的な治療法と優秀な療者を通じて、その治療能と果が科的に明らかになっただけに、西洋治療と韓方治療の協診による治療は、必ず難病治療にシナジー効果を出すと自信を持っている
したがって、今回の院の「統一医学センタ」のオープンは、がんをはじめとする難病治療のための療機の役割はもちろん、ひいては韓医薬が世界化できる根本的な科的デタを提供できるはず」と感想を述べた

統一医学センタの則久洋子センター長は、「先ず、がん患者様の治療を中心に始めます。 先進的な抗癌治療のために、西洋医学と韓医学の全面的な協診を中心に、すべての補完医学合わせ,統合医学(integration medicine)の世界的趨勢を先導していきます。」とし、「統一医学の完成、確立は当院の使命の一つです。 2003721日にオープンして以、この目的のために今まで努力してきました
韓方治療と西洋治療の協力診療、際カンファレンスによる討論、な補完医学究など行ってきましたが、まだまだその場を探している態です。 今まで築いてきた基盤の上に、一段階として展するためにセンタを設立しました。に嬉しいことです。 これからが始まりです。 統一医学の完成を目標として、今後も進んでいきます。 統一医学の根本に敷かれているのは「の愛」です。 すべてを牲にすることができ、えてももっと与えたい愛です」 患者様を私の家族のようにする愛です。 そのようなの愛の心情で、この世の身体··的問題を解決していきます。 一人一人の患者様に合った治療を選し施行していきます。」という抱負を語った
統一医学センタ」は、HJマグノリア際病院1階の韓方科と家庭医学科の間に新しい施設とインテリアにより、患者様がより質の高い韓方協診療サビスを受けられるよう、な先端装備を整えて診療を行う予定だ。 ここに韓国内で導入されたガン免疫治療器である最高仕熱治療器と、病院に構築された先端医学装備(MRI, MDCT)を活用し、徒手療方、按腹療法及び多な韓医薬的治療となどを通じて、西洋治療と韓方治療の協力診療を本格的に稼動した準備を終えたという

(크기변경)_통일의학센터_오픈식.jpg