CSMC

상단으로 이동

HJマグノリア国際病院、海外進出のため、韓日米の連携協約締結式

初の際病院、療法HJマグノリア国際(・清際病院)は、2019720()、当院セミナ室で海外進出のための海外療機との連携協約締結式を行った。
この日午後1時から行われた締結式は,海外療機の開設のための連携協約締結式で、日本の東京にある一心病院(渡邊泰博理事長)、アメリカの圓救韓医学大学院 (Wongu University、ダニエル・デイヴィス総長)と協約を締結した。

院は、韓国保健福祉部と保健産業振興院が支援する、「2019療海外進出プロジェクトサポトの一環」として、初めて日本に海外療機の開設を支援する、象機に選ばれた。

李鎭宇(ジンウ)病院長は、「今回の連携協約締結式を皮切りに、日本とアメリカに海外療機を開設するための、な事業を展開する」とし、「海外患者の誘致事業の活性化と、韓の優秀な療技術を海外に知らせる、療を先導する役割を果たす」と、締結式の意向べた。

この日の締結式は2003年のオープン16年間、HJマグノリア際病院が年開催してきた、際統一医学セミナの一環として開催され、このセミナはこれまで、延べ15500人余りの療者と界の係者らが加する中で、展させてきた議である

今回の第16回セミナには、日本の一心病院から邊泰博理事長をはじめ、3名の師と、北里科大の宮崎授をはじめ、計20名余りの療者と、カンボジア王立RSAのソクセンヤン副長ほか1名の授、アメリカ圓救医学学院のダニエル・デイヴィス、そしてブラジル、ギアロペス医学診断センターから森部玲子理事長など、30人余りの海外療者が出席し、韓国国内からは仁川一美歯科のパクヨンヒョン院長などを含む30人余りの療者が出席した。

当院は2003721日、療法人心病院及び、心韓方病院としてオープンし、2006年に第2代車相病院長の就任に伴い、療法人際病院と改名、韓初の際病院として登された

20192月にはHJマグノリア・グロバル療財に財名が更され、病院の名HJマグノリア際病院に改名された

201972418145.jpg

2019724181423.jpg