CSMC

상단으로 이동

幹細胞を用いた骨関節炎治療

幹細胞を用いた骨関節炎治療

カーティライフTMが対象となる患者様

  • 膝軟骨欠損(ICRS等級IIIまたはIV、欠損面積2ないし10cm2)
  • 軟骨欠損の原因: 退行性骨関節炎、外傷性、OCDなど...
  • 年齢制限なし


カーティライフTM対象外の患者様

  • 牛タンパク質に過敏な方/li>
  • ゲンタマイシンに過敏な方
  • リュウマチ関節炎など炎症性関節疾患をお持ちの方
  • 骨関節炎 Kellgren-Lawrence grade4の患者様
  • HCV、 HIV-1/2陽性患者
  • 動脈出血及び重度の静脈出血のある患者様


自らの再生能力が乏しい軟骨

  • 無血管組織
  • 緻密な細胞外気質、少ない割合の軟骨細胞:欠損部位への細胞の移動が困難
  • 軟骨病変:自然治癒なし
  • 骨軟骨病変:細胞移動&骨髄出血→線維性軟骨→関節軟骨としての物理的支持なし


骨関節炎(OA)


自己肋軟骨細胞から分離した、ビーズ型硝子軟骨組織


最小限の関節切開術または関節鏡による移植


欠損部位の軟骨再生、及び再生軟骨の維持


24週と48週目のMOCART 数値が、微細穿孔術(MFx)より確実に高い数値を示している。


カーティライフ投与後の軟骨欠損の回復と、周辺組織との連結性

カーティライフ投与後にみられる効果

  • 自家軟骨細胞のみ使用=安全で年齢制限なし
    • 関節疾患の年齢や重症度に関係なく利用可能
    • 関節への非侵襲生検法
  • 自己軟骨細胞+細胞外マトリックス+硝子軟骨、早期修復
    • 細胞に微細環境を提供
    • 直接軟骨修復
    • 炎症反応なし
  • ビーズタイプの小さい球状 – 臨床の便宜性増大
    • 侵襲性の低い移植手順
    • 早くて簡単で関節鏡移植が可能
  • 長期的な安全性と効果
    • MRIで軟骨再生及び長期維持確認
    • 機能、痛み、スポーツ活動の大幅な改善